T-Smartとは

環境問題や少子高齢化による働き手不足が社会課題となっています。東洋染工株式会社では2018年にToyo-Senko × デジタル技術を活用した「T-Smartプロジェクト」を始動しました。以降、新型コロナウィルスや世界情勢の変動による燃料・資材高騰などの試練に挑戦し続け、持続可能な社会の実現を目指す取組みを進めています。

環境負荷の低減

染色の生産工程では燃料や電気などのエネルギーによるCO2の排出や水を多く使用します。T-Smartでは設備に取り付けたセンサーなどから消費量をリアルタイムに算出し、エネルギー使用量の効率化を推進しています。

IoTによる生産性革新

Internet of Things(モノのインターネット)により、今までネットワークに繋がれていなかった設備などが相互に通信出来る様になりました。様々なデータを可視化・分析する事で生産性を高めます。

ICT技術の高度化

情報通信技術の向上によりコミュニケーションをより円滑にしたり、業務効率を改善します。人手不足が社会課題となっている近年、ICT化により働き方や職場環境をより良くしていきます。

DXへの挑戦

システムの自社開発を目的としてプログラミングなどが習得できる教育プログラムを推進しています。現場が自らデジタルツールを活用出来る様にすることでDX(デジタルトランスフォーメーション)へと繋げます。